和歌山、観光、海南、紀美野、熊野古道

和歌山県海南市・紀美野町
海南海草地方広域観光協議会
お問い合わせ サイトマップ
トップ オススメコース 公 園 MAP ピックアップ 歳 時 記 リンク集
海南市万葉歌碑めぐり(その2)

ご好評いただいております(その1)に引き続き、海南市下津町内の万葉歌碑をご案内したいと思います。
その1では、古の名高の浦や黒牛潟、有間皇子に縁の歌を詠んだ歌碑をご紹介しましたが、その2でご紹介する5つの歌碑は、 海や山など付近の風景が素晴らしく、絶好の撮影ポイントも多いのではないかと思います。
さらに、今回は万葉集に秘められた謎を解き明かす、ミステリーツアーも併せてお楽しみください。


@大崎荒磯万葉歌碑

大崎荒磯万葉歌碑

大崎荒磯万葉歌碑 海南市下津町「つり公園ピアーランド」への入口に建てられている歌碑です。和歌浦湾を挟んで雑賀崎や双子島を望む絶景ですので、 カメラをお持ちになることをお勧めします。

歌碑の説明はこちらをクリックしてください。

電車の場合、最寄り駅はJRきのくに線加茂郷駅ですが、歩いて訪ねるには距離がありますので、車の方が便利でしょうか。
この歌碑を含め、A番の大崎万葉歌碑からB番の粟嶋神社まで一気に歩いて回るという健脚の方もおられるかもしれませんが、 一般道の利用になりますので、通行には十分ご注意願います。

A大崎万葉歌碑

大崎万葉歌碑

大崎漁港大崎漁港に行く途中にある万葉歌碑です。

歌碑の説明はこちらをクリックしてください。

最寄りは有田交通バス大崎線白木浜バス停ですが、1日3便(朝・昼・夕)のバスは終点の大崎バス停を 僅かの時間で折り返しのため、同じ便を往復で利用するのは難しいと思います。

では、この歌碑から下津万葉ミステリーツアーに出発しましょう。
ミステリーその1は、土佐国に流罪となった石上乙麻呂と大崎です。

B方(粟嶋神社)万葉歌碑

方万葉歌碑

粟嶋神社境内海南市下津町方の粟嶋神社にある歌碑です。 和歌山市の加太には淡島神社がありますが、同じ元海部郡、カタ(ダ)のアワシマさんつながりで何か関係があるのでしょうか・・・

最寄りはJR加茂郷駅〜有田交通バス大崎線北原口または、 室内プール前バス停から約600m、国道42号沿線では御坊南海バスの 粟島前(日曜・祝日全便運休)バス停から約500m程になりますが、 どちらも便数は少ないため、公共交通機関を利用の場合、徒歩とセットでの計画になると思います。

ミステリーその2は、方便海と~です。

C立神社万葉歌碑

立神社万葉歌碑

立神神社海南市下津町引尾の立神神社にある万葉歌碑です。

歌碑の説明はこちらをクリックしてください。

最寄りはJR加茂郷駅前から有田交通バス仁義線の終点、仁義バス停ですが、 6〜7分で折り返しになるため、こちらも同じ便の往復利用は時間的に難しいと思います。

ミステリーその3は、恐(かしこ)の坂です。

D小畑万葉歌碑

小畑万葉歌碑

下津の町並み海南市下津町小畑、熊野古道沿いにある歌碑です。

歌碑の説明はこちらをクリックしてください。

右の写真でもお分かりのように、この歌碑は熊野古道「拝の峠〜蕪坂」間の高所にあって、近くに公共交通機関はありません。 車でもきつい程の急坂なので、かなりしんどいコースになりますが、ここはひとつ満を持して毎年秋に実施される海南市の熊野古道「わくわくハイク」でお訪ねになってはいかがでしょう。

ということで、ラストミステリーは、安太と小為手の山です。

 
2回に亘って海南市内14カ所の万葉歌碑を紹介させていただきましたが、 最後は有田地方を詠んだといわれるもう一首の歌をご紹介して、この特集を終わらせていただきたいと思います。 今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

「足代過而絲鹿乃山之櫻花不散在南還来万代」 足代(あて)過ぎて 糸鹿(いとか)の山の桜花 散らずあらなむ 還(かへ)り来るまで(作者不詳 巻7−1212)

あとがき

いかがでしたでしょうか。今回ご紹介した5つの歌碑は、その1の歌碑のようにサイクリング気分でゆっくり探索とはいかないと思いますが、 自家用車以外での探索プランを考えるのも、万葉の旅人気分を味わう楽しみかもしれません。(車の方が無難とは思いますが…)
万葉集については、書物はもちろんのことホームページも数多く公開されており、 興味を抱けば抱く程、深い迷路の中にどんどん引き込まれてしまいそうになります。
恐の坂や小為手の山とは、いったい何処なのか?皆さんも紀伊国万葉の故地を探す旅に出かけてみませんか。

このホームページは、下記を参考に作成しました。

参考文献等
タイトル 作者等
和歌山県海南市ガイド海南浪漫紀行 海南市
紀伊万葉ガイドブック (社)和歌山県観光連盟(村瀬憲夫氏監修)
紀伊国万葉歌碑散歩(新和歌山新報社) 佐々木政一氏
紀伊続風土記  
紀伊國名所圖會  
大日本地名辞書(冨山房) 吉田東伍著
明治40年10月発行(第二版)
むかしむかしの有田川
(http://www.sky.sannet.ne.jp/a404/index.html)
辻本敏由紀氏
南大阪ターミナルガイド(有田交通バス加茂郷路線)
(http://www.minami-osaka.jp/?AritaKotsu)
 


当ホームページについての注意事項
紹介している各種施設やコース経路などは、料金・利用時間・交通アクセス他が変更されている場合があります。
お出かけの際には必ず事前に現状をお問合わせ下さい。
Copyright(C)海南海草地方広域観光協議会 All right reserved since 2004