和歌山、観光、海南、紀美野、熊野古道

和歌山県海南市・紀美野町
海南海草地方広域観光協議会
お問い合わせ サイトマップ
トップ オススメコース 公 園 MAP ピックアップ 歳 時 記 リンク集
海南市万葉歌碑めぐり(その1)

今回は、海南市内の万葉歌碑を2回に分けて御紹介したいと思います。
先ずは(その1)として合併前の旧海南市内にある9つの歌碑をめぐります。
※平成20年3月末まではJR海南駅構内の海南市物産観光センターで レンタサイクル(有料)の貸し出しも ありますので、ゆっくり探索してみてはいかがでしょうか。


@JR海南駅前

海南駅前万葉歌碑

JR海南駅前JR海南駅前広場にある歌碑です。
万葉集には名高の浦を詠んだ歌が四首あるそうですが、当時の海岸線は現在よりかなり内陸部にあったそうです。日方や黒牛潟の黒江など地名の由来も万葉集の楽しみの一つですね。

歌碑の説明はこちらをクリックしてください。

では、歌碑めぐりのスタートです。駅前の信号を渡り、商店街を西に進むとすぐに海南市役所に着きます。

A海南市役所

海南市役所万葉歌碑

海南市役所海南市役所の庁舎北側に立つ万葉歌碑です。
「名高の浦」四首のうち、二首が続きます。市役所は海南市日方にありますが、万葉当時は干潟であり、地名の由来になったそうです。

歌碑の説明はこちらをクリックしてください。

歌碑前の交差点(信号有り)を北に進み、海南市民病院、きのくに信用金庫海南支店を過ぎ、城山トンネルを抜けるといよいよ紀州漆器の町、黒江に到着です。

B黒牛茶屋

黒牛茶屋

黒牛茶屋海南市黒江の黒牛茶屋です。歌碑は建物の北側、駐車場奥にあります。
歌碑の隣には海南の万葉歌九首も紹介されています。

黒牛茶屋については、竃シ手酒造店さんのホームページをご覧ください。

黒牛茶屋の駐車場に沿って路地を山手に進み、案内板を右折した先に中言神社があります。

C中言神社

中言神社万葉歌碑

中言神社同じく海南市黒江、中言神社の境内にある万葉歌碑です。

歌碑の説明はこちらをクリックしてください。

黒江では、町並みを散策するも良し、紀州漆器のお店を訪ねるも良し。事前に予約をすれば語り部さんによる案内や漆器蒔絵・根来塗椀研ぎ出しも体験出来ます。

・語り部案内(海南市再発見!まちづくり海南)
・漆器蒔絵・根来塗椀研ぎ出し体験(ほんまもん体験プログラム)

D海南消防署横

海南消防署横

海南消防署黒江の町並みに別れを告げた後、 海側に出て、国道42号を白浜方面に南下しますと海南消防署が見えてきます。(署の写真は南東側から写したものです。) 歌碑は建物正面に向かって右側、日方川寄りに建っています。

歌碑の説明はこちらをクリックしてください。

黒牛の登場する歌が三首続いたところで、残る「名高の浦」の歌二首を探しましょう。 国道に出ると車の往来が激しくなります。
信号を守って安全に十分注意願います。

E労金海南支店東・歩道横

労金海南支店東・歩道横

労金東側万葉歌碑タイトルでは、労金海南支店東・歩道横となっていますが、 場所の説明が難しいので、近畿労金海南支店さんを勝手に目印とさせていただきました。すみません。 国道42号築地交差点南東角に労金さんがありますので、歩道を海南駅方面に歩くとすぐに歌碑が建立されています。

歌碑の説明はこちらをクリックしてください。

左の写真は通りを挟んで北西側から写したものです。撮影地点から東側、きのくに線の高架橋に向かって進むと次の歌碑に着きます。

F海南駅南・線路下

海南駅南・線路下

海南駅南。線路下JR海南駅 正面から線路沿いに南に向かうと、高架下の駐車場の先に「名高の浦」四つめの歌碑がありました。
駅前の歌碑から近いので、こちらから回るのも十分アリですね。

歌碑の説明はこちらをクリックしてください。

ここからは、きのくに線のガードに沿っても、宝来橋たもとの道標に沿ってもいいですが、熊野古道の雰囲気に浸りながら、藤白神社に向かいます。

G藤白神社

藤白神社万葉歌碑

藤白神社熊野九十九王子のうち特に格式の高い五躰王子のひとつ 藤代王子のあった藤白神社です。
紀伊万葉の歌には悲劇の王子「有間皇子」を偲ぶものが何首か詠まれていますが、19歳の若さで命を絶たれた皇子の死後43年も経ってから 詠まれたのがこの歌だそうです。

歌碑は境内にある有間皇子神社にひっそりと建っていました。

実はこの歌碑を見たあたりから、単に歌碑を見て回るだけのハイキング気分だったものが、あれっ、大化の改新って何年やったやろ?と 遠い万葉のロマンに思いを馳せ始めたのでした。

H有間皇子の墓

有間皇子の墓

有間皇子の墓藤白神社から藤白坂に向かう熊野古道の途中に 有間皇子の墓があり、歌碑も同じ場所に建立されています。
皆さんも是非一度、万葉歌碑や熊野古道をお訪ねください。

海南市万葉歌碑めぐり(その1)は、有間皇子の詠んだもう一首の歌を紹介しておひらきにさせていただきます。最後までご覧いただきありがとうございました。

磐代(いはしろ)の 浜松が枝(え)を 引き結び ま幸(さき)くあれば またかへりみむ (巻2−141)

あとがき

いかがでしたか。今回のコースはあくまで参考ですので、皆さんはお好きな歌碑をご自由にお訪ねください。
なお、一部は私有地や境内地内にありますので、大人のマナーでお願いします。
次回は、海南市万葉歌碑めぐり(その2)として、旧下津町内にある5つの歌碑を御紹介しますのでお楽しみに。

このホームページは、下記を参考に作成しました。

参考文献等
タイトル 作者等
和歌山県海南市ガイド海南浪漫紀行 海南市
紀伊万葉ガイドブック (社)和歌山県観光連盟(村瀬憲夫氏監修)
紀伊国万葉歌碑散歩(新和歌山新報社) 佐々木政一氏
むかしむかしの有田川
(http://www.sky.sannet.ne.jp/a404/index.html)
辻本敏由紀氏


当ホームページについての注意事項
紹介している各種施設やコース経路などは、料金・利用時間・交通アクセス他が変更されている場合があります。
お出かけの際には必ず事前に現状をお問合わせ下さい。
Copyright(C)海南海草地方広域観光協議会 All right reserved since 2004.