船で行く友ヶ島の旅

未知の要塞へ

pexels julia volk 5273535 - 船で行く友ヶ島の旅

和歌山県の加太港から観光船で20分、廃墟の独特な世界が、今もなお存在する島を散策する旅。友ヶ島は紀淡海峡に浮かぶ、神島、地の島、沖ノ島、虎島の四つの島の総称です。まず、沖ノ島の野奈浦桟橋に着くと、そこは南国の無人島。大砲を運んだ少し広めの道をたどって、第3砲台跡へ。大戦中の施設、海軍調音所、弾薬庫、軍馬舎なども、当時の面影を残しています。

ben guerin gJu4tumBu c unsplash - 船で行く友ヶ島の旅

蘭学者、李梅渓により彫られた文字「五所の額」は、修験道の山伏修行の場とされ、神秘的な島の様子が感じ取れます。廃墟独特の雰囲気を持った島を歩いていると、探検心がわき、まるで漫画やゲーム、カジノゲームカジノミーの駆け引きの世界に舞い降りたような感覚がします。実際、映画やアニメでその特異な雰囲気が多く使用されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です